2017-09-15

「よいもの」と「合うもの」

しばらく落ち着いていた長女のアトピーですが、お風呂をあがってびっくり、身体中に湿疹が出ていました。

何が原因か考えてみたところ、可能性が高いのは、いつもと違う柔軟剤を使ったこと。2日間だけ、お店でもらったサンプル品を使っていました。わるいものではないと思いますが、娘の肌には合わなかったのでしょう。私も、ここ2日間に洗濯をした下着の部分のみ、かぶれていたので、私も合わなかったみたいです。
その商品がよい、よくないに関わらず、私たち家族には合わなかったと思い、使うのを控えることにしました。

私たちの作っている石けんにも言えることだと思いました。よいものが必ずしも誰のお肌にも合うとは限らない。でも、「nicoせっけん」によって誰かのお肌の悩みが軽減したり解消したりすることができるのなら、良いものを届けたい。
矛盾してもいますが、あらためてそう感じました。

幼稚園の2学期がはじまり、秋は運動会、バザーとイベントがたくさん。準備も佳境に入ってきました。バザーのとき園を飾るモビール作りに参加。楽しかったので、長女と家でも作りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿