2017-11-27

アトピー性皮膚炎とストレスなく付き合う

もうすぐ12月。一気に寒くなり、乾燥してきましたね。家では今日、「クリスマスツリー」と「加湿器」を出しました。クリスマスツリーは、これから長女とちびちびオーナメントを作る予定です。

乾燥しはじめて、久しぶりに長女に湿疹ができてしまったので、皮膚科を受診。今回はかゆみ止めの飲み薬を飲むまではいかず、塗り薬で様子見、だいぶ落ち着いてきました。3歳の長女と1歳の次女、お風呂タイムは本当に慌ただしいですが、お風呂からあがってすぐに保湿剤を塗ることは忘れないようにしたいと思っています。

長女がアトピー予備軍、私自身もアトピーの辛さを長年経験してきて思うことがあります。それは、「アトピーを完治させる」というより、「アトピーとストレスなく付き合う」ことを大事にするほうがしっくりくる、ということ。そのほうが、長い目で見て症状緩和にもつながるのではないかと思います。
「nicoせっけん」も、「アトピーが完治する!」という魔法の石けんであればそれが一番良いのですが、やはり「アトピーとうまく付き合う」ための石けんだと思います。なので、実際にお買い上げくださったお客さまから、「かゆがらなくなった」「湿疹が改善した」という声を聞くたびに、本当に嬉しくなります。

ストレスなく付き合うポイントはさまざまあると思いますが、今回はひとつ。先日長女の皮膚科を受診したときに目に留まったこのグラフです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、【アトピー性皮膚炎の治療イメージ図】です。保湿は毎日行いましょう、炎症が起きたときは適切に薬を使って抑えましょう、というものです。シンプルなグラフですが、炎症が落ち着いてくるとついつい保湿剤を塗るのを怠ってしまっていた私はハッとさせられました。
「毎日保湿剤を塗るのは面倒だなぁ」「薬をこんなに続けていいのかな?」などの気持ちも、ストレスのひとつだと思います。このグラフを見れば、毎日の保湿の大切さが分かりますし、炎症が起きたときの薬の使用も治療には大事だということが分かります。

2017-11-15

「にこ肌だより 第6号」ができました

「nicoせっけん」ご注文6回目にお届けする「にこ肌だより 第6号」ができあがりました。アトピーに良くないと言われる「肉を食べる」ということについて、管理栄養士の「うめちゃん先生」こと梅田やすこ先生にお話をうかがいました。お肉は毛嫌いせず、ちょこっとだけ工夫して食べるのがポイントです。

* * *
「敏感肌用ベビーせっけんnico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のための石けんです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2017-11-14

保湿剤「nicoオイル」準備中です

nicoブランドの保湿剤「nicoオイル」、販売に向けて準備を進めています。「ウチワサボテンオイル」を使用した天然成分100%のオイルにすることができました。べとつかずさっぱりしていて、使いやすいオイルです。現在、耐内容物テスト中。乾燥がひどくなる季節になってきたので、我が家も早く使いたいです。

2017-11-06

スーパー玉出

連休は関西旅行をしました。関西には2年間、暮らしていました。その間に働いていた制作会社を退職し、フリーランスになりました。フリーになることは関東にいたときは考えられなかったのですが、大阪や神戸という土地と出会った人々が「できるんじゃないか」という心持ちにさせてくれました。その環境と経験が今の私につながっていて、子ども向けのスキンケアブランドを立ち上げることができました。
写真は、関西のスーパーといえば(?)の、「スーパー玉出」。車窓から見えたお店をあわててパシャリ。この光景を見ると「帰ってきた」と思うのです。